米国が広島に原爆を落とした理由 戦争で他国民殺そう原爆投

米国が広島に原爆を落とした理由 戦争で他国民殺そう原爆投。ひどい話ですけどね元々、この世界には因果の法則があります法則に翻弄されて人は輪廻転生を繰り返して様々な人生を送ります人は本来、法則に翻弄されて生きる事が正しい生き方です翻弄されるだけなので、この世界の全ての行いに善も悪もありません殺し合っても善でもなく、悪でもありません翻弄された結果です毎年この時期、広島?長崎で慰霊式典が執り行われ、原水禁の宣言のある町々がマイクしたりしますが、死刑廃止運動もそのような経過で批准の宣言をする都市が出現してもいいのではないでしょうか。人殺なら、国家権力殺て良い理由でょうか

国家権力なら、人殺殺て良く、正いのでょうか

神容認ていたり、聖人だらけの国会議員の過半数以上決めた事だ 戦争で他国民殺そう、原爆投下で大量殺そう、国の国家権力や国民の総意あった正い事なるんかね

神でさえ、極悪人の生命奪ったりていないんね 米国が広島に原爆を落とした理由。74年前の8月6日。米国は広島に原爆を投下し。7万人以上を即死させた。3
日後には2発目の原爆を長崎に米ミズーリ州にあるトルーマン大統領図書館の
専門家。サム?ラシェイ氏はそう指摘する。決断を下すことも可能だったが。
「この兵器が使えるのに何故それ以上戦争を長引かせるのか。米国の一般国民を
納得させることは難しかった」歴史学者の間では。ソ連が参戦する可能性が
あったことも。戦争の早期終結を図る目的で原爆投下の決断を促す一

学生論壇。大躍進政策の失敗や文化大革命など。国を破滅の一歩手前に追い込んだ失策も
数多いものの。中華人民共和国を建国した貢献は大きいとして市場経済化が進む
現在も国父として崇拝されている。しかし。近代の中国政府は文化大革命などの
失敗を第37話「日本という怪しいシステムに関する一見解」。な い。その点。ロシアのほうが。まだしも物の常識とただの人情が政治の世界
に通 用する社会であった。国家の詐術を鶴見さんは。アメリカによる原爆投下
にみる。 「原爆は日清戦争は仁義の師だとか。膺懲の軍だとか。よほど立派な
名義であっ た。しかも畢竟。国家権力とは。国民を蹂躙?愚弄?篭絡する「嘘
と虚飾の体系」にほ かならないということになる。このような官民一体の
大量虐殺の情勢のなかで。多くの社会主義者や無政府主義者が殺害 されていった

ひどい話ですけどね元々、この世界には因果の法則があります法則に翻弄されて人は輪廻転生を繰り返して様々な人生を送ります人は本来、法則に翻弄されて生きる事が正しい生き方です翻弄されるだけなので、この世界の全ての行いに善も悪もありません殺し合っても善でもなく、悪でもありません翻弄された結果です毎年この時期、広島?長崎で慰霊式典が執り行われ、原水禁の宣言のある町々がマイクしたりしますが、死刑廃止運動もそのような経過で批准の宣言をする都市が出現してもいいのではないでしょうか。殺人が無い殺人という犯罪の無い都市、あまりカウント出来ないのでしょうが、あるにはあってその町が宣言都市になるかどうかということになる。いう所によっては、原因は、業とかカルマとか宿縁などと、裁判所の調べも途中で打ち切りたいような長~い環境情況が言われるようですが、それらをふまえ防犯に自信のある街々は先行し宣言を発する、そのようなものも、社会民意の発展向上ではないでしょうか。一方、国家権力自体に、業とかカルマが存在することも対極なのでしょう。この世は白か黒かという単純な構造で出来ていないからね。強いて言うならば、この世はやはり弱肉強食の世界。この世の全てがそう。強い者が白と言えば、弱い者は従うしかない。いつか立場が逆転すれば、白だったものが黒に変わるだけ。それだけのこと。神の定義にもよりますが、人の命が有限なのは神の思し召しなんじゃないでしょうか。であれば、神は極悪人の命を奪わないどころか、善人の命も均等に奪っていると思います。違う神の定義では死神という神さえいます。戦争と死刑が長い歴史を持つのは、人が社会的な存在であったからだと思います。生物の中で人は肉体的に恵まれているとはいえません。そのため、多くの草食動物がそうであるように群れることで生存を計ります。人間にとっての群れが社会です。社会を維持するためには多くの人が必要です。だから人は人を殺してはいけない。自分も含めてです。そう考える時、殺人の禁忌は社会の維持のための手段です。だから、国家存亡の危機を迎えた時、人命尊重よりも社会を守ることが優先される。それが戦争です。人殺しの凶悪犯は内側から社会を破壊する者です。だから社会を守ることが優先される。そのため、戦争をなくそうと思えば、社会の危機的状況の回避が重要です。それが外交ですよね。辛抱強い対話によって深刻な状況を回避することが戦争をなくすための手段となるわけです。そもそも「人殺し」自身、人を殺しています。戦争や原爆投下で犠牲になった一般市民と同列に語れる話ではないでしょう。「人殺しなら、国家権力が殺しても良い理由は何でしょうか」と問う前に、人殺しに殺された人にも殺されて良い理由はなかったはずです。なのに殺されたことをどう贖うかという視点は必要でしょう。犯罪者が人を殺した時点で既に倫理的な正しさは損なわれています。損なわれたものをどう回復するかが問題で、その手段の一つが刑罰です。罪を贖う装置として制度はあるわけで、勿論、それは人殺しの命である必要はありません。ただ、命以外の何で贖うかという視点がなければ制度自体の否定になってしまいます。国家権力が人殺しの命を奪うのは仇討を公的機関が代行することで殺戮の連鎖を防ぐという歴史的経緯もあります。命を奪うのと同等といえるだけの贖いの手段があれば、命を奪うことに拘る必要はなくなります。だから、本気で人殺しの命を助けたいのなら、その方法を考えることがもっとも有効な手段です。それに多くの人が納得すれば、国家権力による人殺しは必要なくなります。もっともよいのは、人が人を殺すことを止めることです。人殺しがいなくなれば、死刑制度があったところで、執行されなくなります。国家はアトランダムに死刑を執行するわけではありません。死刑執行のスイッチを押すのはいつでも人殺し自身です。国家による殺人を止めたいなら、犯罪抑止を考えるのが妥当だろうと思います。では、どうやって抑止するか。不快感を煽らないことは初めの一歩となるのではないでしょうか。嫉妬、憎悪、不安など、負の感情を煽れば犯罪に繋がりやすい。他人に負の感情をぶつけて批判したところで問題解決は遠ざかるばかりかと思います。無辜の民を無差別に殺すことは、戦時国際法に違反しますし、宗教においても非人道的な行為は神に背く行いとして戒められています。歴史を学べば、どうして第二次世界大戦が起こったか、各国はどういう政策を取っていたのか、アジア諸国の関係をに学べば、悲惨な戦争を繰り返さずに済みます。殺人は国家権力なりともやってはいけないことですが、いちばん問題となるのが死刑です。死刑囚の命を奪うことは罪を犯した報いであると同時に、犯罪防止に必要かつ有効であるとして、法律で定められているのです。国家による殺人は戦争という大義名分の下に行われる特攻隊国家が犯した殺人人殺しなら、国家権力が殺しても良い理由は何でしょうか。国民の総意。ただし、総意は全員を指すわけではない。>国家権力なら、人殺しを殺しても良く、正しいのでしょうか。「よい」も「正しい」もカンケーない。>神が容認していたり、聖人だらけの国会議員の過半数以上が決めた事だから?あなたダイジョブぅ?またいつものビョーキかな?>戦争で他国民を殺そうが、原爆投下で大量に殺そうが、国の国家権力や国民の総意があったから正しい事になるんですかね。なるわけない。>神でさえ、極悪人の生命を奪ったりしていないんですがね。テキトーにしてる?o?国家が殺人、戦争、死刑、双方ともまず被害にあいます。自衛手段としてのみ、戦うことができる。神に勝利をお願いしても、神は血を流して戦ってはくれません。血を流して死んでいくのは人間です。多分祈り方が間違っているのでしょう。殺人者のみが死刑になります。先ず矯正可能かどうか、機械の部品にも不良品が出るように、素材は同じなんですが加工の途中で不良が出てしまうように、成長の過程で人と違ってしまうのです。不良品が廃棄処分されるように、精査の結果廃棄処分となるのが死刑です。来世に期待しましょう、神に祈るのも来世をねがう、善き神にこひねぎ???悪神も崇め奉る。死ねば平等に扱われるのです。日本人て、すばらしい、。最後間違えています。キリスト教やイスラム教は異教徒は殺せと聖書に書いています。神道は多神教なので書いてませんが。法律で違法な殺人と合法な殺人があるだけです。自衛隊による国防の為の必要最低限の作戦命令による殺人は合法です。死刑も合法的な殺人です。良いか悪いかはそれぞれが勝手に考えたら良いんですよ。それが思想良心の自由です。戦争で他国民を殺そうが、原爆投下で大量に殺そうが、国の国家権力や国民の総意があったから正しい事になる。

  • フロント韓国語, ??これはカタカナでなんて読みますか
  • 横の腹筋を鍛えよ 腹直筋と腹横筋ばかり自重筋トレしてたの
  • 本当ですか になるのですか
  • トップページ 石川県の高校で女子もネクタイのところってあ
  • 動画でわかる どのカテゴリに憧れますか
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です