福島第一原発事故の事実を検証 放射能臭いなどないのか

福島第一原発事故の事実を検証 放射能臭いなどないのか。放射性物質が高濃度で放出されたチェルノブイリ原発事故では、金属のような味/匂いを体験したとの報告があります。放射能臭いなどないのか <ふくしまの10年?見えない放射能を描く>7誰の物でも。ふくしまの10年?見えない放射能を描く>7誰の物でもない黒い袋
年月日 時分 無主物は見えないから 無主物は臭いがしないから 東京
電力福島第一原発から南へ約七キロ。富岡町小良ケ浜おらがはまのかつての
水田放射能に色を付ける人たち前屋毅。福一事故によって放射能物質が拡散されてしまったからである。 その放射能は。
色もなければ。臭いもない。被害も短時間では現れない。放射線量の高い場所に
いて福島第一原発事故の事実を検証。記憶が薄れていく一方で。目に見えず。においもない放射能と。原発事故
による課題は確実に存在しています。放射能汚染によって故郷を追われ。未だ
帰る目途が全く立たない方もいますし。被曝によって健康を害した可能
」は。事故現場をはじめとしたさまざまな現場で今。何が起きているのかを多角
的に検証し。発信するサイトです。メンバー皆。それぞれテレビや新聞。雑誌
などの分野で活動していますが。原発に関する報道には。大事故が起き

「放射能。放射能。においも。色もない。目に見えない。コロナウイルスで同じようなこと
が起こっている気がする。お互いの目がとても厳しい日常になっている」
追悼行事 いとうせいこうが声を落とす時分

放射性物質が高濃度で放出されたチェルノブイリ原発事故では、金属のような味/匂いを体験したとの報告があります。放射線には何らの臭いは無く、無味無臭と言えます。当然に、放射性物質にも臭いは無く、放射線を発する放射能にも同様に臭いは有りません。従って、原子力発電所事故が発生しても、無味無臭の放射性物質が如何に多く放出され様が、その実態を知る事は出来ないのです。ただし、福島第一原子力発電所事故に置いて、建屋が水素爆発3号機は核爆発であったとも言われていますにより炎上した臭いは有ります。なお、放射能が発する放射線は原発事故が無くとも自然界にも有り、臭いはしない事は事実であります。始めに、『放射能』と『放射線』を取り違えていることを知って下さい。50才以下の人達は、理科の先生以外は、小中学校の先生でも、学校で習っていないので、知らないのが普通なのですが。人間や生物に、害を与えるのが、放射線なのです。もちろん、目に見えないし、臭いも有りません。又、防ぐのも容易では有りません。※放射線崩壊を起こして、放射線を発生して、ほかの物質に変わる『性質能力?』のことを「放射能」というのです。その物が持っている性質?能力の一つなのです。放射性物質にはあるかもしれませんが放射線にはありませんちょうどスマホとそこから出ている電波のような関係ですスマホを放射性物質に例えるとそこから出ている電波が放射線のようなものですスマホには臭いがあるかもしれませんがそこから出ている電波には臭いがありませんこの場合の例えではスマホが電波を出せる能力が放射能に該当します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です