日本の戦争 日本って最初負けるのわかってる戦争でやったの

日本の戦争 日本って最初負けるのわかってる戦争でやったの。キホン、日本人はバカです。日本って最初負けるのわかってる戦争で、やったのか

バカなのか なぜ勝てない戦争を。何故「大和」は建造され。何故沈まなければならなかったのか。『アルキメデス
の大戦』の漫画と映画の監修を勤めた後藤一信さんと。数百人の旧日本軍関係者
に取材している神立尚紀さんによれば。弾薬も最初からギリギリだったんです
。よく東京駅の大きさと比較されたりしますけど。そうやって比べると
それほど大きいとは感じない。評されたりもしますが。日本人好みの「滅びの
美学」があり。それが。「戦争には負けたが世界一の戦艦を持っていた」「物量
に負けたが負けると分かっている戦争へ日本が突き進んだのはなぜだったのか。陸軍大臣だった東条英機が。戦争の勝敗はやってみなければ分からないと発言
したことをはじめとして。「軍の論理」が冷静で理論的な判断をないがしろにし
ていったのだという。 いま。読者がこの本から学べることは。とても

日本は勝てる戦争になぜ負けたのか。真の敗因。真の戦犯は敗戦によって深い闇の中に葬り去られてしまった!
どうすれば日本軍は連合軍に勝てたのか。新しい指導者となる現代人のための
新しい戦争史観入門。 著者略歴 「著者紹介情報」より 新野/哲也 年
。北海道第二次世界大戦で。日清戦争にしても日露戦争にしても。第二次世界大戦にしても。日本は最初から
確実に勝てると思って戦争したわけではないように思います。こう言うことっ
て学校で教わるのでしょうか?代の両親は有り得ないと言っています。
楽しくゴルフの友好関係を見れば。もうこれ以上第二次世界大戦の反省から
ネクストレベルに時代は行ってると思います。負けると分かっていたのに戦っ
た理由は。戦わずにいた場合。世界経済から孤立していた日本では。資源が足り
ず飢餓が発生

近代戦争レポート集。日清戦争については。最初は日本は頼まれてないのに自ら助けにいくなんて
えらいなぁって思っていて。日清戦争とは。1894明治27年から翌年
にかけて。朝鮮をめぐって起こった日本と清との戦争である。もし。この
申し入れを拒否し。ロシアが戦争をしかけてきたら。立ち所に負けてしまうと
日本は考え。やむなく遼東半島を手放した。最初はどちらの国が原因なのかは
全然。わかりませんでしたが調べているうちに日本が一方的に攻めたことが
わかりました。日本が敗戦した理由。戦争から半世紀以上経った今。僕は何故戦争が起こったのかを不意に気になり
ました。欧米は外交があって。それにより戦争がおきる。つまり軍隊は政治
の下にあるという当たり前の制度があるのですが。日本は上の図からわかるよう

米国が勝った戦争は過去60年間で一度だけ。アメリカは強い。戦争にはいつも勝っている――先の戦争でアメリカに負けた
日本人は何となくそう思っている。だからアメリカに付いていけば間違いないと
。 ところが本書『アメリカはなぜ戦争に負け続けたのか』中央日本って最初負けるのわかってる戦争でやったのかの画像をすべて見る。日本の戦争。教授や先輩たちに。とくに昭和の戦争について問うと。”なぜ負ける戦争を始めた
のか”などというのは愚問で。日本は国際ルールに違反する侵略戦争に突っ走り。
世界は当然そんな暴挙など許すはずはなく。負けるべくして負けたのだと誉める
ように説明された。 侵略とは。もちろん許さ失敗するに決まっている侵略を。
承知で突っ走るほど当時の首脳陣はバカだったのか。 なぜか。に答えて
それとも近代日本は明治維新の最初から誤れる暴走をつづけて来たということな
のか。

キホン、日本人はバカです。この間の参院選の結果を見てもわかるでしょ。今の流れだけで先を読みません。一部の指導者が暴走し初めたらみんなでアクセルを踏み込みます。「誰かが責任を取るだろう」という曖昧な、お祭り騒ぎだったのですね。そりゃ、ドイツが負けるとは思ってなかったからですね。勢力拡大のチャンスにしか見えなかったんですよ。石油輸出禁止、経済包囲網、を突破するには、戦争してそれらを打破するしかなかった。しかし、昭和天皇が本音通りに「戦争を始めてはならん。飽く迄外交交渉を続けよ」て言ってれば、しなかった。戦争以外の道もあったのではないか?個々人の考えは別にして開戦決意の時の特に大本営の指導者層が「米国を軍事力で屈服させる力は日本にはない」と考えていた、というのは正しいでしょう。が、彼らが想定した「戦争の終らせ方」は「米国に”参りました。もうここで戦争はやめましょう”と言わせて終る」ではない、言い換えれば『対米の軍事的勝利への期待』に基づく開戦判断じゃありませんでした。知恵袋の様なサイトで、例えば「日本は戦局が有利な時に、講和出来なかったのでしょうか」みたいな質問が時折ありますが、御覧になった事はないでしょうか。シンプルに言えば、その手の発想です。欧州とアジアで別々の戦争が行われていたのを、世界戦争に発展させる「引き金」を”直接”引いたのは日本ですが、にもかかわらず、その時点でホンの約20年前に終わった世界戦争、つまり第一次世界大戦の様な「どちらかが殆どボロボロになる迄終らない戦争」は想定していませんでした。防衛省防衛研究所が主催する戦争史研究国際フォーラムの平成14年度のものの報告書中の『日本の戦争計画におけるイギリス要因—「対英米蘭蒋戦争終末促進に関する腹案」の消滅まで』赤木完爾の結論部分同報告書P97~98から、かなり長くなりますが引用します。~~日本の戦争計画は、ヨーロッパの戦争におけるドイツの優勢とイギリスの屈服という二つの仮説に依存していた。開戦時において大本営政府連絡会議は、すみやかに南方の資源地帯を占領し、この占領地からの物資によって培養される戦力を推進力として、「持久戦」を遂行しつつ、敗戦に至ることなく講和会議によって終結しようと希望していた。大本営と政府の政策決定者は、来るべき戦争が長期化するであろうと考えていたことは事実である。しかし彼らはその長期戦の実態が、近代兵器を投入して大量消耗を伴う、激烈な陸海空にわたる連続的な戦闘であるということは洞察できなかった。むしろ期待的に予測されていたのは、戦争が両軍の手詰まりで対峙状態に陥って「持久化」することであり、そのうちに相手方が継戦意思を放棄して、講和会議となるのではないかとするようなものであった。こうした発想をもたらした最大の要因は、当時の日本の政策決定者の戦争観にある。開戦当時の軍令部作戦課長、富岡定俊大佐は次のように回想している。「この戦争は、敵に大損害を与えて、勢力の均衡をかちとり、そこで妥協点を見出し、日本が再び起ちうる余力を残したところで講和する、というのが私たちのはじめからの考え方であった。だが、そうはいっても、講和の希望にたいする裏付けが、とくにあったわけではない。しかし、当時は、欧州でも大戦が進行しており、最高指導者の間ではドイツも非常に勝っていることだし、バランスということもあるので、講和のキッカケはその間にでるだろう、と考えられていた」 以上にみたような「勢力均衡の観点からの和平の早期実現」という期待的幻想が生じた理由は、日本の政策決定者たちが、長期戦?総力戦について語ることはあっても、多くはその本質を理解していなかったからである。したがって開戦時の多くの日本の政策決定者は戦争の終結について、日露戦争当時の古典的構想しか持ち合わせていなかった。それは富岡の言葉によれば、「制限戦争観」である。その主要な理由は、日本が総力戦として戦われた第一次世界大戦から近代戦争の本質を学ばなかったことから生じている。そうした総力戦においては、政治指導と戦争指導を統合した大戦略が必要であるけれども、日本はついにそれを十分に準備することができなかった。日本の政策決定者は、「無条件降伏」といった概念に代表されるようなある種の「絶対戦争」を想像することができなかったのである。~~全文は↓上記の富岡定俊の回想は、『開戦と終戦』毎日新聞社?1968年?P56からの引用で、この回想だとかなり“楽観的”に聞こえますが、永野海軍軍令部総長がの軍事参議会で、朝香宮の「資源の乏しい日本が、開戦後年月の経過と共に優勢となる米国に対して十分な勝算があるのか。講和のきっかけをどのように見出そうとしているのか、その可能性はどうか?」という質問に対し、~~又講和の緒につきて一言す。対米作戦に於て最も我苦痛とする所は敵の本拠を衝くこと困難なる点にあり。米は重要資源を他より求めざるべからざるを以て之が妨害をなすことは可能なるも其絶対性につきては懸念なき能はず。 唯英米連合軍の弱点は英国にありと考へらる。即ち海上交通絶ゆれば英を餓死せしめて屈服せしむること最も捷径なり。之に先ち独逸の英本土上陸成功すれば更に有利なり。英を屈服の余儀なきに至らしめ一蓮托生の英米を圧すること吾人の着意すべき点にして日独の間にも此くの如く協定するを利ありとす。~~国立公文書館アジア歴史資料センター=以下”アジ歴”の「昭和16年11月4日 軍事参議会に於ける質問要旨」レファレンスコードC12120205700からの引用…と説明しているのも、富岡定俊ほど楽観的ではなく”それしかないからそれに期待する”といったトーンが出てはいるものの、本質的には同じ発想です。さすがに”米国には勝てない”と迄ハッキリ言わないものの、『米国を軍事力で屈服させる力は日本には無い』と言うニュアンスは、かなり出ていますよね…で、「戦争はこうやって負けずに終わらせる」為の開戦直前の正式シナリオである昭和161941年11月15日の大本営政府連絡会議決定「対米英蘭蒋戦争終末促進に関する腹案」の「方針」では、~~一 速に極東における米英蘭の根拠を覆滅して自存自衛を確立すると共に、更に積極的措置に依り蒋政権の屈服を促進し、独伊と提携して先づ英の屈服を図り、米の継戦意志を喪失せしむるに勉む二 極力戦争対手の拡大を防止し第三国の利導に勉む~~となっていました。アジ歴レファレンスコードC12120209300英国がまいれば、米国も戦い続ける気が失せるだろう、だから『独伊と提携して先づ英の屈服を図り』って事ですが、「英の屈服」の為に現実に日本が出来る事は、英国の東南アジア植民地の占領、インド洋での通商破壊、程度なんで、殆どドイツ頼みでした。開戦後は、上記の赤木完爾の論文にある様に?絶好調の緒戦で調子に乗り、山本五十六流の「出来るだけ米国を叩く」が力を持ってしまう基本戦略からの一部逸脱?ミッドウェーでの敗北で、山本五十六の戦略も最早成立しなくなる?一方、独ソ戦長期化で「ドイツに頑張って貰って英国を屈服させる」期待も遠のく?その後は、「こうして負けずに戦争を終わらせる」というシナリオが実質的に存在しないまま、ズルズルと戦い続ける で、結果はご存知の通りです。 「勝てる見込みがないのに戦争を始めるって、一体何?、○ホ?」というよりも、「一体何故、そんな”甘ちゃん”な発想、赤木完爾の言葉を借りれば『期待的幻想』で、世界戦争に自ら突入したのか?」って思った方が良いと思います。そして、その「甘ちゃん」さは、「第一次世界大戦は、知識としては知っていても、事実上は身をもって殆ど経験していなかった」為に、日清?日露戦争の「成功体験」の組織としての記憶に引き摺られた、という事が直接の原因でしょうが、また防衛省防衛研究所の戦史フォーラムの報告書から引用させて頂くと…~~1940年代の日本の戦略を概観すると、そこには一貫したものがあまり見られないため、この時期の日本の戦略について語ろうとすると複雑極まりない。一応、基本的な日本の方針は政府や陸海軍の間で「国策」という形で纏められていたが、それは相互の対立を生み出さないような玉虫色のものであり、大抵は両者に配慮した両論併記の空虚な言葉が使われたのである。中略日本陸軍に詳しいアルビン?クックスは、1941年における日本の政策決定を、「洗練されておらず、偏狭でばらばらで断続的かつ煮え切らない」と評し、またマイケル?バーンハートは、「常に自分の都合に良い判断Best Case Analysis」と評している。そしてこのような傾向は、陸海軍の作戦至上主義的な視角によってさらに強められ、非常に狭い視野からしか物事を見なくなるのである。陸軍省軍務局課員であった石井秋穂大佐はその回想で、「作戦さへ上手くいけば、民主主義国民は真っ先に参るものと信ずる」と書いており、これは戦略レベルにおける日本の失敗を、作戦レベルで挽回しようとした日本陸海軍の限界が露呈したともいえる。~~平成20年度戦争史研究国際フォーラム報告書の中の『日本陸海軍と南進—「自存」と「自衛」の戦略—』小谷賢のP126~127からの引用です。全文は↓?一つずつの決定は、一応辻褄はあっているあわされている?しかし実は、本音レベルでは異なる考えが存在しており、どちらが表に出てくるかは状況次第で変わるだから、長期的な計画に基づく戦略が遂行される事は不可能?どんな状況でも、無理矢理にでも”解決策”を考えてしまい、それが失敗したらまた新しいものを考えてしまうこれだけ失敗続きじゃもうアカンワ、にならない…といった『組織としての行動?思考パターンの欠陥』が根本にあったのではないでしょうか…『ダメな経営者や幹部を持つ会社が、長期プロジェクトで撤退が遅れ、巨額の損失を出す、その根本原因』みたいな…それを”結果論”で片付けられるヤツはさすがに滅多にいない…海外の研究者からも指摘される様な「強烈な”グダグダ”さ」の為に、膨大な人命が失われた事は、知れば知る程悲しくなります。超長文失礼しました。明治以来、日本は国力の下の国とは、戦争してません。従って勝てると分かってる戦いはありません。唯一、第一次世界大戦のドイツが、日本有利のまま推移しましたが、もし米国が参戦せず、欧州で英仏が敗れていたら、日本は国際社会で孤立し、不利な立場に立たされました。後からならなんとでも言えます。そう言う者を下衆の後知恵と言います。戦争から逃げ出した、り地域の人には分からないことですよ。wwwアメリカ「日本に石油送るのやめるナリ。みんな協力してくれ」日本「あぁ..石油なくなったナリ。。せや!東南アジアのある石油奪いに行くぞ!」日本は中国を侵略していきながら東南アジアを目指しました」アメリカ「は?俺中国狙ってたんだけど??勝手に取るな」ハルノート提出。それはアメリカが日本に攻撃するということを示しているのような物でした。日本「あぁー。。石油ないしアメリカ敵になったし。。でもアメリカと戦争したら負けるしなー。。せや!講和条約引き分けを結ぶなり!!」真珠湾攻撃アメリカ「クク、日本よ罠にかかったな。じゃあ死んでもらうぞ。。」ってなわけで日本が戦ったのは仕方がなかったのです。当時のアメリカ大統領ルーズベルトは、大の黄色人嫌いで、日本人を皆殺しにしようと考えていました。まあ日本ははめられたって訳です。負けるとわかっていても立たねばならん事がある…って程、カッコイイ話でも無さそうなんだが;一_一?o○負けると判断した人が先導したワケでは無い。とも言い難い部分もあるのが確かに微妙、引き際をただ、見失ったんだ。太平洋戦争以前、まぁ陸軍が暴走し日中で泥沼化な争いしてた。交渉が下手っクソでな今もかもだが終えられんのだよ。ってか、そう…暴走と記したが、目的さえ見失ってた。ただ、勝ちたかっただけなのか?資源…そういう開発もままならずな。んで、その資源調達という理由はあるにはあるが今度は海軍が南進一時陸軍も同調、一時だがしていく。両面作戦である@_@;一見合理的だったと思えた海軍も、精神論に犯されていき気合だの、そういう系。暑苦しいっすネ…おっと、話が暴走したヾ?Д? ????。バカ…といえばまぁそうなのかもしれん。何しろ、特攻何て始めた時点でバカ処ろの話では…無い!切れちまったというのかねぇ~′Д`??…。と、あの時こうしていれば云々から発展しIF戦記が流行った現代…超兵器てんこ盛り。景気のいい妄想で突き進む感覚は、あの当時の人間を批難出来るほど賢いとも思えんのが何ともかんとも-。-y-゜゜゜しょっぽクン負けるとは思ってないからやるんだろ必ず後出しジャンケンで偉そうなこと言うんだよな知能が低い奴の言うとこはおもろいのぅじゃあ、あなたは大学受験や何かの資格試験で不合格になった時に、周りの人から「不合格になるのを分かっていてなんで受験したのですか?」と聞かれたら何と答えますか?

  • ワンピース ワンピース^ω^
  • 2021年に読みたい なんでもいいのでストーリー性があっ
  • Obsessive 薬とか使ったことなくて変に使うのも怖
  • コメント/小ネタ ルーンファクトリー4スペシャルのRPを
  • 商品が小さくなった かっぱえびせん小さくなったね
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です