代替わり行事 宗教儀式大嘗祭税金使う問題なのだろうか

代替わり行事 宗教儀式大嘗祭税金使う問題なのだろうか。国事行為について、儀式を行うこと日本国憲法第7条第10号その中に大嘗祭は入りません。宗教儀式(大嘗祭)税金使う問題なのだろうか 社会カテゴリー皆さんの ご回答のほど、 お待ちて 米が「神聖な食べ物」とされてきたのはなぜか。新天皇の即位に伴う宮中祭祀が続き。秋には大嘗祭だいじょうさいが控えて
いる。こうした宮中祭祀に深く関わるのが「米」である。私たちが米に対して
敬虔な気持ちを抱くのはなぜなのだろうか。令和改元を機に考える「儀式と米
」の深い関係天皇制は。神道と密接につながっており。天皇は宗教的な儀式を
行うことが求められる。庶民の食卓に戻るのか機能性表示食品に早くも安全
性の問題が浮上緑茶の流行に「永谷園」「山本山」の先人の契りあり大嘗祭。大嘗祭 天皇を宗教儀式で権威づけ 国民主権?政教分離に反する 政府は天皇「
代替わり」に伴う中心的儀式として「大嘗祭だいじょうさい」を行います。
天皇が神と憲法の国民主権。政教分離の原則に照らして。どういう問題がある
のでしょうか。竹腰政府はこの儀式のためだけに使う大嘗宮という建物を。
皇居?東御苑の約90メートル四方の敷地に新たに造営しました。

大嘗祭「国費で賄うことが適当かどうか」秋篠宮さま。政府は戦後の新しい憲法のもとで初めて行われた平成の「大嘗祭」にあたり。
儀式の宗教性を踏まえ。皇室行事として行う一方国費から支出することに問題
はなく。議論も尽くされていて。何を懸念されているのか真意をくみ取れない」
と述べました。の設営を見送り。「新嘗祭」と同様。皇居にある「神嘉殿」を
使うしかなく。儀式の規模や内容は大きく変わることになります。大嘗祭に税金使うのは「違憲」。訴状などによると。退位の礼や即位の礼。大嘗祭などの諸儀式は宗教的色彩が
濃く。大嘗祭は新天皇に神格を与えるという極めて明確な宗教的儀式で。他の
宗教損害賠償って絶対に付けなければならないものなのだろうか?

代替わり行事。世紀の皇極天皇の時代に儀式の形が決まったとされる大嘗祭は。神道に則った
ものであり宗教的色彩の濃いものだ。代替わりの儀式に国費が投ぜられること
は。憲法に反することなのだろうか。日本キリスト教会靖国神社問題特別委員
会の声明は。安倍首相による天皇への内奏月日。皇太子への訪問月
日を「象徴で内奏』というのは大日本帝国憲法下での『上奏』と一対で用い
られた極めて政治的な用語をなぜあえて使うのかということです。秋篠宮さまが公費支出に疑問。大嘗祭だいじょうさいは五穀豊穣ごこくほうじょうと国民の安寧を祈る
儀式です。毎年月にある「新嘗祭にいなめさい」のうち。天皇が即位して
最初に行う儀式を指します。このように宗教色の強い儀式であるため。内閣の
助言と承認に基づいて行われる国事行為ではなく。皇室の行事として行台風
被害に関しては。不祥事続きの国会議員がどれだけでも身を削って給料のどれ
だけかを募金というかたちで集め当てればいいのではないでしょうか。

国事行為について、儀式を行うこと日本国憲法第7条第10号その中に大嘗祭は入りません。大嘗祭は宗教性が高いので、元始祭や皇霊祭などと同じく皇室の私事で行われるべきもので政教分離を定めた憲法20?89条から見てもその費用は皇室のポケットマネーである内廷費で賄うのが適当と考えます。秋篠宮さまの仰ることは間違っていないと考えます。また、質問者さんの「”浄財”で賄う方法を考えた方が建設的だと思います。」はいい考えなのですが、日本国憲法第8条皇室に財産を譲り渡し、又は皇室が、財産を譲り受け、若しくは賜与することは、国会の議決に基かなければならない。に違反するので難しいと考えます。平成の大嘗祭はテレビで見たはずですが、ほとんど印象に残っていません。儀式のほとんどは非公開ですから、見ても面白く有りません。儀式そのものは非公開なのは仕方ないにしても、儀式の外側では演歌歌手を呼んで、オーケストラも呼んで、紅白みたいに派手にやった方が良いのではないでしょうか?そうすればテレビで中継しても退屈しませんよね?そうして儀式が終われば、天皇陛下にお出まし願って万歳すれば良いわけですよね?つまり、国民が大嘗祭に税金を使うのに抵抗が有るのは、はっきり言って大嘗祭がお祭りとは言いながら面白くないからです。ですから大嘗祭という世紀のお祭りを面白く執り行えば国民も納得が行って、税金を使うのに反対しないでしょう。要するに「面白くない、木戸銭返せ」とは言わなくなると言う事です。宗教法人に近い宮内庁と宗教的権威などを継承している?皇室などのようです。宗教儀式大嘗祭に税金を使うのは、憲法違反でしょう。皇族に対する何々さまという呼び方そのものが、宗教的な呼び方のようです。皇室を尊ぶということからして宗教なわけで科学的にいって皇室が必要な理由はない。皇室の私的な行事といったって、そもそも皇室は国民の税金で養われているわけで日本は宗教国家であり、皇室が存在する以上政教分離などあり得ない。22億円も国費を使うべきではない、と思います。秋篠宮さまと同じ気持ちです。まず基本的理解として、即位の礼と大嘗祭は別のものであると知る必要があります。?即位の礼儀式は国事行為です?大嘗祭は国事行為ではありません国事行為というのは皇室典範に定められている「公式」行事という意味で、これには皇室歳費とは別に国費が使われることもあります。国事行為以外の行為は”私的行為”とされるもので、皇族の方々が私的に内廷費の中でやりくりして行う行為です。「私的行為」ですから、大嘗祭を行うかどうかは当事者である皇族の方々が決めることです。極論を言うなら、皇族の方々が「私は仏教に深く帰依しておりますので、仏教式の儀式を行いたい」と仰られるケースも当然想定されます。こういった事態に政治は干渉できません。だから、私的行為なのです。「国事行為」は公務仕事ですから、これを皇族の方々の私的な思いで変更することは出来ません。大嘗祭を”国事行為化”してしまえば、この行事は天皇陛下の義務になってしまいます。個人的には、皇族の方々にも人権はあるし、信教の自由はあると考えます?????問題視される理由の一つに、政府見解が憲法解釈よろしく、都合よく変更されることが続いていることがあります。大嘗祭は──「皇室の行事」というのは、「皇室の私的な行事」という意味ではなく、「皇室の公的な行事」という意味である大嘗祭は、公的性格があり、大嘗祭の費用を宮廷費から支出することが相当で あると考える私的行為の解釈を変え、新たに公的性格という語を用いて解釈し直すといったことが行われています。平成元年頃には、「大嘗祭は国事行為には馴染まない」と答弁してたんですけどね…。政府内でどんな動きがあったんでしょうか?宗教的様相を伴った伝統行事だと思います。単純に言えば天皇の代替わりを一番重要な儀式に重ねて執行しているということでしょう。よって象徴天皇の代替わり儀式という側面で一度きりなので国民を挙げて祝う意味でも問題無しと考えます。大嘗祭は宗教儀式ではありません。宗教とは以下の3点が必須の構成要件です。①教義がある②信者がいる③布教活動をしているいずれもあてはまりません。天皇がなさっている行事は古来からの皇室伝統であって、宗教とは言えないですね。まして大嘗祭は天皇が即位されたときだけ、一代に一度だけしか行われない儀式なのですから、こんなものが宗教儀式であるはずがありません。まったく問題ではありません。日本の古くからの伝統です。また海外でも同様の儀式は税金で行われるのが普通です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です