ディーゼル 電気自動車って結局火力発電でCO2出てるんだ

ディーゼル 電気自動車って結局火力発電でCO2出てるんだ。そうなんですよ。電気自動車って結局火力発電でCO2出てるんだけど本当環境いいの EV化でCO2排出は7割減るJapan。火力発電電力でも化では割減らせる。 ? 火力発電所は車よりも高熱効率
で低のを使っている。 ? 年には電力構成のうち/以上は再エネと
なる。騙されるな。しかし。自動車としての利便性でも。環境負荷の面でも。ガソリン車に全く
かなわないシステムなのだという。自動車そのものは二酸化炭素を排出しない
かもしれないが。いまだ発電所は化石燃料を燃やす方式が主流を占めている。
結局。環境を破壊しているのである。 世界の発電を見れば。石炭火力が約%。
天然ガスが約%。水力発電が約%。原子力が約%。難読漢字「幼
気」って読めますか? いまマンションを「買っていい街」「ダメな街」を
実名公開する

ディーゼル。電気自動車。ハイブリッド車。プラグインハイブリッド車。ガソリンエンジン車
。ディーゼルエンジン車…電気自動車が走行中にを排出しないからといっ
ても。電力を生み出す際に火力発電所が石油や天然ガスを燃やしていれ
による排出量の評価に関してはの環境マネジメント国際規格のなかに
策定されているの手順なデータを提供しようとする機関も現われる
だろうし。新たな算出方法を生み出す研究者も出てくるかもしれない。検証。昨今。「はエンジン車に対して排出量が少ない」という大前提に基づいた
政策誘導が世界各国で行われようとしています。その妥当性を電力供給やライフ
サイクル分析の面から実証的に問い直します。確かに

自工会?豊田章男会長が大手メディアに「電動化車両はEVだけでは。自動車工業会の豊田章男会長がおこなった記者会見で。クルマの電動化や年
カーボンニュートラルについてあまり公表されていない数字だったこともあり
。改めて自動車環境技術の進化に驚かされる。 続けて電気自動車の話になった。
とすれば電力不足になるうえ。そもそも日本は火力発電所がメインのため
二酸化炭素の排出量削減にならないという。現時点でカーボンフリーの電力を
どうやって確保したらいいかという論議はまったく進んでいない。電気自動車は本当にエコ。クルマの排出量は。燃費?電費電気自動車の燃費を電費と呼びますに
依存します。ガソリン?排出量ってどうやって計算するんでしょうか?
それを使うのです。の電力を走行に使えば。相当するが発電所から排出
されます。環境にうるさい人が。この辺をほとんど気にしないのはホントに
面白いです。要は。たとえリチウムイオン電池でも。電気を突っ込んでも
いいトコ出て来るか…

EV電気自動車は本当に環境問題への最終解なのか。よくわかる自動車技術。第号 電動化とハイブリッドと削減 電気自動車
は本当に環境問題への最終解の冷却機構についていろいろなところで解説
記事が出ているけれど。なかでもインバーターの冷却が大きな大雑把な物言い
をすれば。火力発電に依存している限りは出続けるし。使用時の実効率は
せいぜい%内燃機関超基礎講座ホンダが作った「本当のアトキンソン
サイクル」エンジンアシストスリッパークラッチって何?

そうなんですよ。日本に関して言えば、車から出るCO2以上に火力発電や工業製品の作成などなどで出てくるPFCガスが大きな問題になってます。現在の電気自動車の流行のキッカケのひとつが、フランス、イギリス、欧州各国が2040年以降、内燃燃焼機関の車ガソリン、ディゼール、ハイブリッドもNGの製造、販売禁止を打ち出した事です。で、フランス、イギリス 欧州各国の電力事情は?ってなると、欧州各国は日本と違って過去100年間にマグニチュード6以上の大地震が発生して無いので、主力の発電所は原子力発電所となりCO2排出は問題じゃないです。日本も火力発電に変わって原子力発電になれば良いのですが、地震大国の日本じゃ無理だし、電気自動車のキーで有るバッテリーに使われるレアメタルのリチウムも未来永劫に算出出来る訳じゃ無いので、最終系の自動車のエネルギーは燃料電池車になるでしょうね。本当に良いのです。発電は何も火力だけというわけでは無く、再生可能エネルギーが有り、これから益々そちらえシフトするでしょう。処理能力を見た場合、火力発電の方は遙かに効率よく出来ます。環境問題にはスモッグの排出があり、PM2.5、硝酸塩や硫酸塩、オゾンやアルデヒドなど、自動車のマフラーでは取り除くのはたかがしれていますが、火力発電所など工場ではかなりクリーンにする事が出来ます。まぁ、エンジン車特にディーゼル車排気管の後ろに立てば理解出来るかと。あと、『本当に環境にいいの?』世界がなぜ脱エンジン車に移行しているかも考えたらわかる。そこまで考えるのなら工業製品から人工栽培している食品すべてアウト!です。日本の車が100%電気自動車になったら、原発を今の倍にしないと電力が足らないと言われてますから将来的にはどうなんでしょう。モーターと蓄電池に画期的な発明でもない限り難しいんじゃないでしょうか。そうなると、燃料電池車に行くのでしょうか。でも、走行可能距離と水素ステーションの数および稼働率の低さは致命的ですね。リチウム電池を作る時、充電する時co2は排出してるので全体的に見たら環境に優しいとは言えませんが、自然を保護したい場所、都市部等では綺麗になります。局所的に言えば環境に優しいです。ガソリン車だってガソリンを燃やしているわけでCO2を出す要はどっちが少ないかで環境にいいかわかるのであってEVが全くゼロなんて言ってないEVのメリットとしては?同じ燃料源からガソリン車より3倍長く走ることが出来る?発電所で一局集中だから発電で出たCO2を有効に再利用したり 減らしたりも簡単 →ガソリン車の小さいスペースでは無理?同様に発電の発熱も発電所で一括だから車を使用する市街地が暖かくならない →同じく発電所なら熱を再利用可能故に高効率?巨大な蓄電池として考えれば不安定な再生可能エネルギーの変化を吸収できる?同じく電池として、電力需要の少ない深夜帯に充電して発電所の稼働率上昇 →だからEVが普及しても発電所を増やす必要はないデメリットも多いけど、エネルギーを効率化してやりくりするという面ではEVは相当優れている最新火力発電所のエネルギー効率は、60%以上と軽く自動車の3倍以上です。ですので全て火力発電所なんて有り得ない条件でも、電気自動車に成れば二酸化炭素の排出量は、1/3に成ります。圧倒的に環境に良いですよ。まして大林組が2050年には、起動エレベーターを稼働させればほぼ無限のクリーンな、電力を手にする事が可能です。バッテリーもリサイクル可能で火力発電所で大規模な排気ガス対策が施されているわけです。発電所は田舎に作り大都市で電気自動車を走らせれば大都市では排気ガスは出ないから大都市圏の公害防止にはなるよね?これが重要なのですよ。欧州でも大都市圏は「 クリーンディーゼルだから公害防止になるはずだ 」と思っていたのにクリーンディーゼルが売れているはずなのに大気汚染は良くならない。そこで見つかったのはドイツ車の不正問題。とりあえず、大都市圏の公害防止の観点から発電は他所でやらせれば電気自動車は排気ガスが出ないから、簡単でしょ。その程度の話ですよ。事実かわからんけど、ヨーロッパ系がHVでは日本に勝ち目が無い、そこでクリーンディーゼルなんて謳ってたけど、VWの不正が発覚。苦し紛れに電気自動車って言い出した。だからしっかり検証すれば環境に良くないことはバレる。因みに日産eパワーは日本以外では成立しないはず。100km以上で走行すると驚くほど燃費悪いらしいよ。

  • 担任の先生との相性が不安 その人とのLINEについてなの
  • 愛鳥ブログ こんど鳥を捕まえようと思います
  • 50%OFF 11月3日のディズニーでフードつきのマフラ
  • 日経TRENDY 買うのは有りですか??
  • 2018年10月から 引き継いだのですがこの株の一部10
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です